写真に残す

フォトウェディングの良さ

結婚式を挙げたいけど経済的に挙げられない、若しくは結婚式を挙げる必要はないという価値観だけれども記念には残しておきたい、そんな人々に向けて新しく誕生した結婚式のスタイルがフォトウェディングです。 フォトウェディングとは文字通り、ウェディング衣装を着て写真だけをとる結婚式のことです。 様々なプランもあって、洋装のドレスや和服で着物など衣装も自由に選べます。 またスタジオで撮影するプランもあれば、ロケーション撮影をするプランなどもあります。 通常の結婚式と同様に、衣装やヘアメイクのサービスを受けられます。 フォトウェディングの良さは何と言っても、値段の安さです。会場を貸し切る費用や挙式費用などは必要ないため、費用を抑えられます。 スタジオでの撮影で数万円から、ロケーション撮影なら10数万円と手ごろな値段で済みます。

写真だけの結婚式とは

結婚という人生の門出を華やかに彩る結婚式ですが、現在日本では様々なスタイルで結婚式が挙行されています。 主流となる結婚式はキリスト教式で他にも神前式や仏前式に、昨今人気となっている人前式などカテゴリーで分けてもたくさんありますし、カテゴリーに属さないような結婚式も多々あります。 そうした中で、全体として現在主流となっているのが、少人数の出席者による小規模な結婚式です。 現実志向な人々が増えている現状、経済的に負担の少ない小規模な結婚式が人気となっています。 そういう人々の中には結婚式自体を挙げないという選択肢をとる人もいて、そうした人々に注目されているのがフォトウェディングです。 結婚式を挙げなくても花嫁衣装は着たい、そういう要望に応えた新しい結婚のスタイルとして、今後も注目されていくスタイルです。